一般歯科

虫歯治療

できるだけ神経を残す虫歯治療を

神経を取った歯は次第に弱っていき、枯れ木のような状態になってしまいます。神経が残っている歯と、神経を抜いてしまった歯とで寿命を比較すると、将来的に神経が残っている歯の方が長持ちすることがわかっています。
当院では患者様の未来の歯の健康を考えて、できるだけ神経を取らずに残すことを大切にしています。そのために、虫歯の治療にあたっては特殊な薬を使い、虫歯を完全に取りきらずに鎮静させた状態を保つ方法を取り入れています。
ただし、どうしても神経を取らなければならない段階まで虫歯が進行している場合もあります。その際には必ず現在のお口の中の状況と、神経を取る必要性をしっかりとご説明し、患者様に納得していただいた上で治療を進めることを第一に心がけています。

虫歯を放置してしまうことのリスクとは

虫歯が進行してしまうと、根管治療と呼ばれる歯の根っこの部分の治療を行うことになります。歯の根の中に細菌が繁殖している状態を「感染根管」といい、根管を消毒して細菌を除去する「感染根管治療」を行わなくてはなりません。
たとえ症状を取って噛める状態になったとしても、再発するリスクが非常に高まり、最悪の場合には抜歯に至るケースもあるため、できるだけ感染根管になる前に虫歯を取り除く必要があります。歯の健康を守るための基本は早期発見・早期治療です。
「歯にわずかに穴があいている」「冷たいものがしみやすく感じる」といった、初期段階の虫歯といえる状態で治療しておけば、神経を取ることなく元通りに噛める状態を取り戻すことができますので、お口の中に違和感を感じた時には、先延ばしにせずにできるだけ早めにご来院することをおすすめします。

歯を残すか、抜歯するかの判断について

当院ではできる限り歯を残す方向での治療ができるよう努力をしておりますが、状態の悪い歯をそのまま残しておくと、お口の中に多大な影響を与えてしまうことも考えられます。
歯を抜くことが最良の方法だと判断できる場合には、患者様にその理由をしっかりとご説明して、ご理解をいただいてから抜歯を行います。ただし、患者様が抜歯は避けたいと希望されており、歯を残せる可能性がわずかでも見いだせるようなら、リスクについてもお伝えした上で、大切な歯を抜かずに治療を進めていくことも少なくありません。
しかしそのような判断を強いられる前に、定期的に来院していただいて早期の段階で発見・治療ができれば、処置も簡単なものになり、患者様のご負担も軽く済むことになります。

歯の治療を受けた後の注意点

神経を取らない簡単な治療の場合

部分的な虫歯を削って型取りを行い、次回の治療で詰め物をするという段階では、仮蓋の部分が取れやすくなっています。その間はガムやキャラメルなどの粘着性のある食べ物は控えていただくようお願いしています。
また歯の表面をある程度まで削った場合は、歯の面が薄くなっているため、その部分で固いものを噛まないようにご注意ください。

神経を取った場合、根っこの治療をした場合

神経を取る治療を行う際にはどうしても広い範囲で歯を削ることになります。歯の残っている部分が少なくなり、強い力がかかると割れる危険がありますので、できるだけその部分では噛まないようにしていただいております。
また、神経を取った後は仮に薬をつめて蓋をしてあるため、その蓋が取れないようにという意味もあり、正式な詰め物を入れるまではその歯で噛むことを避けて反対側の歯を使って食事をしていただく必要があります。

噛み合わせが気になったら

被せ物を入れる際には、噛み合わせの確認を入念に行っておりますが、診療の際には問題ないように思っていても、ご自宅に帰られてから違和感を感じるということも起こり得ます。
その場合には再度調整いたしますので、気になった時には遠慮せずに早めにご来院ください。

歯周病治療

歯周病の怖さ

歯周病はお口の中だけでなく、全身の様々な病気と深い関連を持っていることが研究によって明らかになっています。
歯周病菌が血液の循環に入りこんで全身を巡ると、心筋梗塞などの心疾患や糖尿病、脳卒中などのリスクを何倍にも高め、全身に悪い影響を及ぼす可能性があります。
歯周病の原因となるのはお口の中の細菌であるため、その細菌の数をなるべく減らしていくことが体全体の健康のためにも不可欠となっているのです。

歯周病治療の流れ

検査を行って歯周病の進行度を調べた後、歯石や歯垢のクリーニングを行って歯を綺麗にします。汚れの溜まりやすさは歯ぐきの状態によって決まりますが、正しい歯磨きを続けていれば歯ぐきが引き締まってきますので、患者様一人ひとりに合ったブラッシング指導で効果的な歯磨きの方法をお伝えします。
治療開始時点でかなり歯周ポケットが深い方に対しては、ある程度の外科的な処置を行うこともあります。歯ぐきの状態が落ち着いてきたら、その後定期的に通っていただき、経過を見ていく形になります。
通う頻度はお口の中の状態にもよりますが、最低半年に一度はご来院いただくことをおすすめしています。

一度歯周病治療が完了した方に気をつけていただきたいこと

歯磨きの際には、歯ブラシを使うだけではなく、歯間ブラシやフロスも併用して歯と歯の間、歯と歯ぐきの間に溜まっている汚れを取り除くことで、良い状態を保つことができます。
「コンクール」など、殺菌作用があるうがい薬の使用もおすすめです。喫煙は毛細血管が縮小するため歯周病が治りにくいと言われていますが、ストレスもまた病気の原因となるので、本数を減らすなどの無理のない範囲で気をつけていくと良いでしょう。
日常生活においては、糖分の少ない健康的な食生活を送ることが歯周病予防には最も効果的です。

口臭治療

歯周病の症状の一つとして口臭が挙げられます。お口の臭いが気になって来院されて、診査したところ歯周病が原因だったということは少なくありません。
しっかりと歯周病の治療を行い、健康な歯ぐきを取り戻すことにより、口臭も軽減されていきます。しかし、胃腸が悪かったり、耳鼻科疾患を持っていたりと、歯周病以外の部分に原因があるケースも時には見受けられます。
歯周病治療の後にまだ症状が消えないようなら、歯科以外の体の状態もお伺いした上で、内科など適切な医療機関の受診をおすすめする場合もあります。

予防歯科

なぜ予防歯科や定期検診が大切なのか

当院では特に予防歯科に力を入れています。患者様に心身ともに健康で、美味しく食事ができる状態を長く保っていただきたいと願っているからです。
歯科医院に定期的に通われている方は虫歯になりにくい口内環境になり、しっかりとしたケアを続けていくうちに歯周病の症状も改善されて、以前は揺れていた歯でも歯肉が引き締まってきて噛めるようになります。
特に一度大きな虫歯や重度の歯周病などを経験して歯の大切さを実感された方は、今の歯をずっと残していきたいという思いを強くされて、熱心に通っていただいています。失われてしまった歯や歯ぐきは、二度と自然な形では取り戻すことができません。
だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。80歳になっても20本以上の歯を残そうという「8020運動」が厚生労働省などにより提唱されていますが、当院では多くの患者様がこの目標を達成しており、特に最近ではその数が増えてきています。

歯を失ってしまった後の治療に関するリスク

歯を失ってしまっても、入れ歯やブリッジの処置を行うことによってある程度噛む機能を取り戻すことはできるものの、もちろんそれによるリスクも存在します。
入れ歯の方は、違和感が大きいからといってはめずに長い時間を過ごしていると、抜けた歯と元々かみ合っていた歯が伸びてきてしまう「挺出」という現象が起こり、噛み合わせに悪い影響が生じることがあります。
また、噛めない部分に汚れが留まって虫歯になりやすくなります。入れ歯をあまり外さない生活をしていたとしても、バネをかけて使う入れ歯では、バネをかけている歯が傷つくと虫歯のリスクが高まります。一方、ブリッジは土台となる歯に大きな負担がかかり、特に神経がない歯では折れたり割れたりする恐れがあります。

予防のために自宅で気をつけていただきたいこと

虫歯や歯周病にならないために気をつけていただきたいこととしては、丁寧な歯磨きはもちろんですが、食習慣の見直しも重要です。
砂糖をなるべく控えることによりお口の中の環境が改善されます。歯磨きの際には、フロスや歯間ブラシを状況に応じて使うことでより綺麗に磨くことができるので、歯ブラシと併用することをおすすめします。
当院では衛生士が患者様ごとに適した種類、大きさの補助器具と正しい使い方をアドバイスさせていただいております。

後藤歯科医院 TEL:0568-81-2429 後藤歯科医院 TEL:0568-81-2429